logo [HOME]

開業後

2019 (学会、研究発表)

1.2019.3.3 日本東洋医学会専門医講習会、盛岡
 「桂枝茯苓丸を使用した症例について」田中秀則
2.2019.6.29 日本東洋医学会学術総会、東京
 「子育て中の様々な症状に対する女神散の有効性について」田中秀則(1),島 仁(2)
(1)御野場たなかレディースクリニック ,(2)小川内科医院

2019 (論文・著作)

1. 田中秀則(1),島 仁(2)
(1)御野場たなかレディースクリニック ,(2)小川内科医院
:肥満症患者に対する防已黄耆湯の効果について
漢方と最新治療p205-209第28巻第2号(通巻109号)

2018 (受賞)

平成30年度秋田県医師会医学奨励賞

2018 (論文・著作)

1. 田中秀則、インフルエンザ患者に濃厚接触した妊婦への葛根湯の予防投与について 日本東洋医学雑誌 第69巻 第3号2018年
2.田中秀則(1),白澤弘光(2),清水 大(2),佐藤直樹(2),大山則昭(3),高橋 道(4),寺田幸弘(2)
(1)御野場たなかレディースクリニック ,(2)秋田大学,(3)秋田赤十字病院 ,(4)市立秋田総合病院:
「若年女性におけるHPVワクチンの効果について」産婦人科の実際、1765-1769、第67巻第13号2018年

2018 (学会、研究発表)

1.2018.2.15 秋田市産婦人科勉強会、「ジェノゲスト療法について」田中秀則
2.2018.5.13 日本産科婦人科学会学術総会、仙台「若年婦人におけるHPVワクチンの効果について」 田中秀則(1),白澤弘光(2),清水 大(2),佐藤直樹(2),大山則昭(3),高橋 道(4),寺田幸弘(2)  (1)御野場たなかレディースクリニック (2)秋田大学 (3)秋田赤十字病院 (4)市立秋田総合病院
3.2018.6.9 日本東洋医学会学術総会、大阪「肥満症患者へ対する防己黄耆湯の効果について」田中秀則
4.2018.7.1秋田県薬剤師会女性部会 研修会、秋田県薬剤師会館「輝く女性のためのホルモン療法」田中秀則

2018 (性教育)

1.2018.12.19 秋田市立豊岩中学校

2017 (論文・著作)

1.p16/Ki-67 免疫染色法を用いた子宮頚部細胞診は、CIN3以上の検出に有用か?」秋田県産科婦人科学会誌 Vol.22 pp.35-40, 2017 田中秀則(1)、藤原敦子(2)、阿部智幸(2)、佐藤智子(2)、舟山由紀(2) (1)御野場たなかレディースクリニック (2)公益財団法人 秋田県総合保健事業団
2.Tanaka H, Shirasawa H, Shimizu D, Sato N, Ooyama N, Takahashi O, Terada Y. Preventive effect of human papillomavirus vaccination on the development of uterine cervical lesions in young Japanese women.J Obstet Gynaecol Res. 2017 Jul 14. doi: 10.1111/jog.13419. [Epub ahead of print]
3.田中秀則「狩猟民族の証明 − 苦労して採った馳走を好みの冷酒で」Clinic Magazine(東京) p36-37、2017 SEP.

2017 (学会、研究発表)

1.2017.2.26 第180回秋田県産科婦人科学会学術講演会・秋田県産婦人科医会研修会 秋田県におけるHPVワクチンの効果について 田中秀則(1),白澤弘光(2),清水 大(2),佐藤直樹(2),大山則昭(3),高橋 道(4),寺田幸弘(2) (1)御野場たなかレディースクリニック (2)秋田大学(3)秋田赤十字病院 (4)市立秋田総合病院
2.2017.6.3 名古屋国際会議場、第68回日本東洋医学会学術総会 田中秀則「葛根湯は、インフルエンザ患者に濃厚接触した妊婦に対し、インフルエンザ発症を抑制する」

2017 (性教育)

1.2017.11.8 秋田市立桜中学校

2016 (学会、研究発表)

1. 2016.1.23 ホテル法華クラブ仙台 薬剤師のための漢方セミナー 田中秀則「輝き続ける女性のための漢方療法」
2. 2016.6.5 サンポートホール高松、第67回日本東洋医学会学術総会 田中秀則「多嚢胞性卵巣症候群に対する桂枝茯苓丸の有用性について」

2016 (がん教育)

1.2016.10.12 秋田公立美術大学附属高等学院

2016 (性教育)

1.2016.9.14 秋田県立新屋高等学校

2015 (学会、研究発表)

1. 2015.11.8 ビューホテル 産婦人科集談会: b.地方会 『 p16/Ki-67 染色を用いた子宮頚部細胞診について』田中秀則(1)、藤原敦子(2)、阿部智幸(2)、佐藤智子(2)、舟山由紀(2) (1)御野場たなかレディースクリニック(2)公益財団法人 秋田県総合保健事業団
2. 2015.11.29 保健センター、日本東洋医学会秋田県部会総会 田中秀則「多嚢胞性卵巣症候群に対する桂枝茯苓丸系漢方療法の有用性について」
3. 2015.2.4 ヒトパピローマウイルス感染症に対する予防接種後に生じた症状の診療に係る研修会(秋田大学)田中秀則

2015 (がん教育)

1. 2015.10.14 高校生がん予防セミナー(秋田市依頼)御所野学院
2. 2015.11.11 がん教育(秋田県依頼)五城目第一中学校

2015 (性教育)

1.2015.9.2 新屋高校

2014 (学会、研究発表)

1. 2014.11.16(日)秋田県総合保健センター、日本東洋医学会秋田県部会総会 田中秀則「子育て婦人に対する女神散の有用性に関する検討」

2014 (がん教育)

1. 2014.10.22(水)公立美大付属高等学院 「高校生がん予防セミナー:子宮頸がんについて」

2016 (性教育)

1.2014.2.12 雄和中学校

2013 (論文・著作)

1. 田中秀則:当科における更年期女性に対する治療について「更年期と加齢のヘルスケア」:Vol.11-2,p38-39, 2013
2. 田中秀則「PMSに対する経口避妊薬、オーソ?M-21錠の有効性について」 秋田県産科婦人科学会誌 p3-6, vol.18, 2013

2013 (学会、研究発表)

1. 2013.5.24 横手セントラルホテル 横手市学術講演会 田中秀則「秋田県の子宮頸がんをどのように予防していくか?」  2. 2013.11.11 秋田キャッスルホテル、秋田ディナゲスト研究会 田中秀則「子宮内膜症性嚢胞に対するディナゲストの使用経験」

2013 (性教育)

1.2013.12.5 戸島小学校

2012 (性教育)

1.2012.12.6 戸米川小学校

開業前

原著 欧文

1. Tanaka H, Sato H, Miura H, Sato N, Fujimoto T, Konishi Y, Takahashi O, Tanaka T. Can We Omit Para-Aorta Lymph Node Dissection in Endometrial Cancer? Jpn J Clin Oncol. 2006 Jul 26; [Epub ahead of print]
2. Ji XQ, Sato H, Tanaka H, Konishi Y, Fujimoto T, Takahashi O, Tanaka T. Real-time quantitative RT-PCR detection of disseminated endometrial tumor cells in peripheral blood and lymph nodes using the LightCycler System.Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):355-60.
3. Sato H, Nanjo H, Tanaka H, Tanaka T. Arias-Stella reaction in an adenomyomatous polp of the uterus Acta Obstet Gynecol Scand. 2006 in press
4. Takahashi O, Sato N, Miura Y, Ogawa M, Fujimoto T, Tanaka H, Sato H Tanaka T. Surgical indications for combined partial rectosigmoidectomy in ovarian cancer. J Obstet Gynaecol Res. 2005 Dec;31(6):556-61.
5. Tanaka H, Sato H, Konishi Y, Fujimoto T, Takahashi O, Tanaka T. Endometrial adenocarcinoma after liver transplantation. J Obstet Gyneacol Res. 2005 Jun;31(3):224-6.
6. Karube A, Sasaki M, Tanaka H, Nakagome O, Dahiya R, Fujimoto S, Tanaka T. Human papilloma virus type 16 infection and the early onset of cervical cancer. Biochem Biophys Res Commun. 2004 Oct 15;323(2):621-4.
7. Sato H, Konishi Y, Tanaka H, Takahashi O, Tanaka T. Annexin V inhibits lipopolysaccharide-induced procoagulant activity on human monocytes. Thromb Res. 2004;114(1):45-9.
8. Tanaka H, Sato H, Sato N, Takahashi O, Ota H, Hirano H, Tanaka T.Adding HPV16 testing to abnormal cervical smear is useful for predicting CIN3 ?A prospective study. Acta Obstet Gynecol Scand. 2004 May;83(5):497-500.  9. Ota H, Igarashi S, Sato N, Tanaka H, Tanaka T. Involvement of catalase in the endometrium of patients with endometriosis and adenomyosis.Fertil Steril. 78(4): 804, 2002
10. Tanaka H, Karube A, Tanaka T, Nakagomi O. Much higher risk of premalignant and malignant cervical diseases in younger women positive for HPV16 than in older women positive for HPV16. Microbiol Immunol. 45(4): 323-6, 2001
11. Tanaka H, Karube A, Kodama H, Fukuda J, Tanaka T. Mass screening for human papillomavirus type 16 infection in infertile couples. J Reprod Med. 45(11): 907-11, 2000
12. Karube A, Tanaka H, Suzuki Y, Funakoshi M, Takahashi O, Hatazawa J, Sato H, Nakagomi O, Tanaka T. Some HPV 16-positive women rapidly progress to  cervical cancer? Minimal.Invasiv.Ther. 6: 74, 1997
13. Ota H, Igarashi S, Hayakawa M, Matsui T, Tanaka H, Tanaka T. Effect of danazol on the immunocompetent cells in the eutopic endometrium in patients with endometriosis: a multicenter cooperative study.Fertil Steril. 65(3): 545-51, 1996,

和文

14. 太田博孝, 大山則昭, 奈良幸一, 五十嵐信一, 田中秀則, 田中俊誠 卵巣チョコレート嚢胞の癌化に関わる免疫担当細胞の局在 エンドメトリオージス研究会会誌25巻 Page117-120 2004
15. 三浦広志、佐藤宏和、 田中秀則、佐藤直樹、高橋 道、田中俊誠 脳梗塞、心筋梗塞合併卵巣患者にTJ療法を施行した一例 日本産科婦人科学会地方部会誌Vol.9, pp.41-44, 2004
16. 小西祥朝、細谷直子、 田中秀則、佐藤宏和、佐藤直樹、高橋 道、田中俊誠 転移性平滑筋腫の2症例 子宮筋層病変生検研究会誌 4: 10-11, 2004
17.  田中秀則、太田博孝、佐藤宏和、佐藤直樹、高橋 道、田中俊誠 子宮体癌における銅亜鉛スーパーオキシド消去酵素(Cu/Zn-SOD)の発現 子宮筋層病変生検研究会誌 3: 8-9, 2003
18. 太田博孝 田中秀則、高橋 道、五十嵐信一、田中俊誠 卵巣チョコレート嚢胞と卵巣癌の酸化ストレスに関わる諸酵素の検討 エンドメトリオーシス研究会誌 24: 157-161, 2003
19.  田中秀則、田中俊誠、 婦人科領域におけるめまい Current Therapy, 21(11): 57-59,2003
20.  田中秀則、田中俊誠 「卵巣がんに対するパクリタキセル+シスプラチンの解析」Focus on Chemotherapy, Gynecologic Cancer 2002
21.  田中秀則、小西祥朝、齋藤 寛 白金製剤耐性卵巣癌患者に対し Paclitaxel単独長期投与を施行した1例 癌と化学療法 28(3): 403-405, March, 2001
22. 太田博孝、佐藤直樹、大山則昭、河村和宏、 田中秀則、高橋 道、五十嵐信一、田中俊誠 卵巣チョコレート嚢胞の癌化に関わるCOX-2の意義 エンドメトリオーシス研究会誌 23: 36-40, 2002
23. 吉岡知巳、熊谷 健、佐藤直樹、 田中秀則、村田昌功、佐藤宏和、高橋 道、大田博孝、田中俊誠  子宮頚がん検診は子宮体癌の早期発見ならびに予後の改善に有用か 秋医誌52: 135-139, 2002
24. 高橋 道、佐藤直樹、 田中秀則、佐藤宏和、田中俊誠 子宮体癌治療における傍大動脈リンパ節郭清の意義 日本婦人科腫瘍学会雑誌21:82-86,2002
25. 小西祥朝、 田中秀則、齋藤 寛 単純子宮全摘出術後10年目に偶然発見された良性転移性肺平滑筋腫の1症例 日本産科婦人科学会秋田地方部会誌7:19-23, 2001
26. 軽部彰宏、 鈴木洋一郎、船越真生、 田中秀則、田中俊誠 若年婦人におけるHPV16感染は子宮頸癌の危険性を増大させるか 産婦人科の実際47:1229-1235,1998
27. 藤盛亮寿、 田中耕平、七里和良、安達博、 田中秀則 HRTにおけるエストロゲン剤の経口剤と経皮吸収剤の比較検討 日赤医学50:74, 1998
28. 安達博、 田中秀則、七里和良、田中耕平、藤盛亮寿 子宮筋腫表在血管の破綻が原因と考えられた腹腔内出血の1例 日本産科婦人科学会新潟地方部会会誌78:40-43,1997
29. 太田博孝、 田中秀則、児玉英也、田中俊誠 ヒト顆粒膜細胞におけるインターロイキン-6分泌に対する漢方薬の影響 日本不妊学会雑誌41:76-81,1996
30.  田中秀則、後藤薫、津田晃、平野秀人、田中俊誠 妊婦を救命し得た重症急性膵炎合併妊娠の1例 産婦人科の実際44:1089-1093,1995
31. 太田博孝、 田中秀則、児玉英也、田中俊誠 顆粒膜細胞のステロイド生合成,特にアロマターゼ活性に及ぼす各種生薬の影響 日本不妊学会雑誌40:355-361,1995
32. 望月修, 田中秀則, 谷頭幸、成田昌裕、齋藤 寛 妊娠初期に血清CA 125が異常高値を示した1例 産婦人科の実際43:107-109,1994
33. 成田昌裕、 田中秀則、谷頭幸、齋藤 寛、望月修 子宮頸癌合併妊娠(1b期)の出産例 市立秋田総合病院医誌3巻1号 Page49-54,1993

学会発表(国際学会、全国学会)

国際学会

(一般演題)
1. Tanaka H, Tanaka T.: Treatment with paclitaxel plus cisplatin combination chemotherapy for ovarian cancer. Taxol clinical update: gynecologic cancer 2002, Thailand

国内学会

(ワークショップ)
2.  田中秀則, 佐藤宏和, 佐藤直樹, 藤本俊郎, 小西祥朝, 三浦広志,高橋道, 田中俊誠 骨盤領域の手術療法 子宮体癌における術式の個別化にむけて 日本癌治療学会総会,2005

(一般演題)
3.  田中秀則,小西祥朝,藤本俊郎,佐藤宏和,高橋道,田中俊誠(2006) 当院産婦人科手術患者の骨密度スクリーニングについて 東北骨代謝研究会,宮城
4.  田中秀則,佐藤宏和,小西祥朝,藤本俊郎,高橋道,田中俊誠,伊藤智,藤原登美子,東海林琢男,南條博(2005) 免疫抑制により細胞診、組織診が影響を受けたと考えられた子宮頸部異形成の1例 日本臨床細胞学会秋期大会,奈良
5.  田中秀則,佐藤宏和,藤本俊郎,高橋道,田中俊誠(2005) 年齢で補正したSCC値(Age-SCC)からみた子宮頸癌の予後の予測 日本癌治療学会総会,愛知
6.  田中秀則,佐藤宏和,佐藤直樹,高橋道,五十嵐信一,太田博孝,田中俊誠 酸化ストレスによる子宮体癌の発癌の解明 日本産科婦人科学会学術講演会 2004
7. 佐藤宏和,小西祥朝, 田中秀則,田中俊誠(2004) GnRH agonist(leuprorelin)はGnRH receptorを介して直接癌細胞の増殖を抑制する 日本産科婦人科学会学術講演会 2004
8. 高橋道,佐藤直樹, 田中秀則,佐藤宏和,田中俊誠(2004) 卵巣癌における直腸・S状結腸部分合併切除術後の長期予後 日本産科婦人科学会学術講演会 2004
9. 小西祥朝,佐藤宏和, 田中秀則,佐藤直樹,高橋道,田中俊誠(2004) 卵巣癌細胞株MCASにおけるAnnexin Vの発現機構に関する検討 日本産科婦人科学会学術講演会 2004
10. 三浦広志,佐藤宏和, 田中秀則,高橋道,佐藤直樹,田中俊誠 TJ療法を施行した脳梗塞、心筋梗塞合併卵巣癌の1症例 日本産婦人科・新生児血液学会 2004
11.  田中秀則、佐藤宏和、小西祥朝、田中俊誠:子宮体癌におけるeNOS発現の臨床的意義について (口演)日本癌学会 2003
12. 佐藤宏和、小西祥朝、 田中秀則、田中俊誠:GnRH analogはGnRH receptorを介して直接癌細胞の増殖を抑制する 日本癌学会 2003
13. 小西祥朝、佐藤宏和、 田中秀則、田中俊誠:癌細胞におけるリン脂質結合蛋白annexin Vの発現機構に関する検討 日本癌学会 2003
14. 佐藤宏和、小西祥朝、 田中秀則、田中俊誠:凝固抑制蛋白annexin Vの癌細胞組織因子活性に与える影響について 日本産婦人科・新生児血液学会 2003
15. 太田博孝、 田中秀則、五十嵐信一、佐藤直樹、佐藤宏和、高橋 道、田中俊誠:卵巣癌の予後に関わるNO合成酵素の意義 日本産科婦人科学会学術講演会 2003
16.  田中秀則、佐藤宏和、佐藤直樹、高橋 道、太田博孝、田中俊誠:子宮体癌におけるeNOS発現の臨床的意義について 日本産科婦人科学会学術講演会 2003
17. 小西祥朝、佐藤宏和、 田中秀則、佐藤直樹、高橋 道、太田博孝、田中俊誠:各種癌細胞株における胎盤由来蛋白annexin Vの発現機構に関する検討 日本産科婦人科学会学術講演会 2003
18.  田中秀則、佐藤宏和、佐藤直樹、高橋 道、太田博孝、田中俊誠:子宮体癌における銅亜鉛スーパーオキシド消去酵素(Cu/Zn-SOD)、グルタチオンペルオキシダーゼ (GPx)の発現について 日本産科婦人科学会総会学術講演会 2002
19.  田中秀則、佐藤宏和、佐藤直樹、高橋 道、太田博孝、田中俊誠:子宮頸部細胞診にHPV16検査を追加するのは有用か?〜長期follow upからの検討〜 日本臨床ウイルス学会 2002
20.  田中秀則、佐藤宏和、村田昌功、高橋 道、太田博孝、田中俊誠:子宮頸部細胞診クラスVa以上症例に対するHPV16検査の導入〜前方視追跡調査の結果〜 日本癌治療学会 2002
21.  田中秀則、佐々木満枝、佐藤直樹、佐藤宏和、高橋 道、太田博孝、田中俊誠:婦人科疾患患者に対する骨密度のスクリーニングについて 日本骨粗鬆症学会 2002
22. 高橋 道、佐藤直樹、 田中秀則、佐藤宏和、面川 進、田中俊誠:当科の手術時における自己血輸血ならびに同種血輸血について 日本輸血学会 2002
23. 高橋 道、佐藤直樹、 田中秀則、佐藤宏和、田中俊誠:子宮体癌における傍大動脈リンパ節郭清後の長期予後について 日本婦人科腫瘍学会 2002
24. 太田博孝、佐藤直樹、五十嵐信一、 田中秀則、村田昌功、佐藤宏和、高橋 道、田中俊誠:卵巣チョコレート嚢胞の癌化に関わるCOX-2の意義 日本産科婦人科学会学術講演会 2002
25. 高橋 道、佐藤直樹、 田中秀則、村田昌功、佐藤宏和、田中俊誠:卵巣癌における直腸・S状結腸部分合併切除の適応と限界 日本婦人科腫瘍学会 2002
26. 高橋美奈子、石川早苗、佐藤栄子、高坂江利子、佐藤芳子、 田中秀則、村田昌功、佐藤宏和、高橋 道、田中俊誠:緑茶療法は化学療法時の副作用軽減に有効か? 日本癌治療学会 2002
27. 佐藤宏和、小西祥朝、 田中秀則、清水 靖、田中俊誠:胎盤由来蛋白annexin Vは細胞分化に伴いPKC, MAPK Signalingにより発現誘導される 日本産科婦人科学会学術講演会 2002
28. 太田博孝、 田中秀則、田中俊誠:子宮内膜症モデルラット脾細胞移入によるNK細胞活性の抑制 日本不妊学会 2002
29.  田中秀則、小西祥朝、齋藤 寛、田中俊誠:酢酸ブセレリン漸減療法について 日本産科婦人科学会総会学術講演会 2001
30.  田中秀則、佐藤栄寿、齋藤 寛、高橋 裕:腹腔内洗浄細胞診による卵巣癌患者の予後と化学療法の効果判定における検討 日本癌治療学会 1999
31.  田中秀則、軽部彰宏、田中俊誠:若年婦人におけるHPV16感染は子宮頸癌の危険性を増大させるか 日本産科婦人科学会総会学術講演会 1997
32.  田中秀則、児玉英也、福田 淳、田中俊誠:不妊夫婦におけるHPV16感染のスクリーニング 日本不妊学会総会 1997

 
Copyright (C) 2009- Onoba Tanaka Ladies Clinic All Rights Reserved.
〒010-1427 秋田県秋田市仁井田新田2-14-21
TEL:018-874-8100 FAX:018-892-7331